長町武家屋敷跡

加賀藩士・中級武士たちの屋敷跡が残り、黄土色の土塀、
石畳の小路などが当時の面影をしのばせます。
昔ながらの街並みの中に現代の生活が自然に溶け込み、
独特の風情が漂う魅力的なエリアです。

尾山神社

加賀藩祖・前田利家公と正室お松の方を祀る由緒ある尾山神社。
四面五彩のギヤマンが特徴的で、
全国的にも珍しい和漢洋の3つの建築様式が用いられた「神門」は、
国の重要文化財に指定されています。
金沢市の代表的な観光スポットとして有名です。

金沢城公園

国の史跡に指定され兼六園と並び石川県を代表する景観が広がる金沢城公園。
公園のシンボルとも言える「菱櫓」「五十間長屋」「橋爪門続櫓」「橋爪門」。
外観の素晴らしさはもちろんのこと、昔ながらの木組を再現した内部も必見です。

兼六園

日本三名園として有名な兼六園。
国の特別名勝に指定されています。
広大園内には築山、池、茶屋などが点在しており、
それぞれの景観を楽しむことができる庭園となっています。

本多の森公園

もともと加賀藩の筆頭家老本多家の武家屋敷が軒を連ねていたところ。
周辺は藩政期からの緑濃い森で覆われ、多くの文化財や文化施設があります。

加賀百万石回遊
江戸時代、最大の外様大名前田家は14代にわたりこの地を治め、百万石の大藩を築き、金沢は加賀藩前田家の城下町として栄えました。430年にわたり大きな災害や戦災をまぬがれ、令和の現代でも江戸時代の歴史を物語るスポットが加賀百万石回遊ルートにまとまっています。また、藩政期から現代に至るまでこのエリアは常に政治や教育、文化の中心地として発展してきており、藩政期のみならず明治、大正期のモダンな建物から現代に至るまで各時代の歴史を象徴するスポットが集積する加賀百万石回遊ルートを通して、金沢の歴史を重層的に堪能することができます。
さらに、歴代の前田家藩主は豊富な財力と、文化的な土壌を最大限に活用し、加賀藩をさらに豊かに、さらに文化水準を高めることに労を惜しみませんでした。加賀友禅や金沢箔といった伝統工芸が花開き、歴代藩主が親しんだ茶の湯や能楽も庶民の間に大きく裾野を広げました。加賀百万石回遊ルートには伝統文化に触れられるスポットも多く、洗練された伝統美を堪能することができます。
SAMURAIパスポートや歴史体験ARアプリ、スタンプラリー、古地図のパンフレット、アプリを活用して、金沢のまち歩きをたっぷりと満喫しましょう。

加賀百万石回遊マップ

加賀百万石回遊マップ
  • ほっと石川Twitter
  • ほっと石川facebook
  • ほっと石川Instagram
  • 金沢旅物語
  • 古今金澤
  • 金沢城ARアプリ