加賀百万石回遊ルート 
秋の金沢 紅葉・雪吊り特集!

秋の加賀百万石回遊ルートでは、この季節ならではの美しい景色がいっぱい!紅葉の美しい名園や金沢伝統の雪吊りを見て回って散策を楽しみましょう。

① 兼六園
  紅葉:11月初旬~下旬

 11月の兼六園は紅葉が見頃となります。兼六園には、約300本のモミジ・カエデが植えられており、例年11月初旬から赤や黄色に色づき、松の緑と美しいコントラストが楽しめます。
 霞ヶ池、瓢池の水辺に見える紅葉ももちろん綺麗ですが、山崎山も忘れてはいけないポイント!楓やケヤキなどが集まっているこのエリアは、まさに赤色と黄色に染まる紅葉スポットでもあります。
 お天気の良い日には眺望台から医王山方面の山々の紅葉を大パノラマで見ることができ、真弓坂や長谷坂など高低がある場所はまた違った紅葉の楽しみ方もできるでしょう。
 そして、栄螺山側から霞ヶ池を見ると湖面に映る紅葉がまた何ともいえない美しさです。

山崎山の紅葉
栄螺山から見た紅葉と雪吊り

 雪吊り:11月1日~3月中旬

 11月には、北陸の湿った雪の重みから木の枝を守るため、園内の約800本の樹木に冬の風物詩、雪吊りの作業が行われます。例年11月に入ると作業がはじまり、12月の中頃まで、園内で雪吊りを行っている作業を見ることが出来ます!
 雪吊りは、最初に唐崎松から順番に作業を行い、春になって順番に雪吊りを外し始め、最後に唐崎松を外します。
 

唐崎松の雪吊り作業

詳しくはこちら  兼六園 HP

② 成巽閣(紅葉)
  紅葉:11月初旬~下旬

 兼六園に隣接する成巽閣では、つくしの縁庭園で満点星(ドウダンツツジ)や楓の紅葉を柱の無い縁から開放的に眺めることができます。

詳しくはこちら     成巽閣 HP

③ アメリカ楓通り
  紅葉:10月中旬~11月下旬

  (通称)アメリカ楓通りは、いしかわ四高記念公園としいのき迎賓館の間に位置する県道で、その名の通り、歩道にはアメリカ楓が並んでいます。アメリカ楓並木は、紅葉の時期に葉が赤く美しく染まることから、紅葉の名所で知られており、日没から22時まではライトアップも行っています。

④ 武家屋敷跡 野村家
  雪吊り:11月1日~3月中旬

  石畳や土塀など、往時の面影が今も色濃く残る長町武家屋敷跡。その界隈で唯一、一般公開されているのが武家屋敷跡 野村家です。濡縁にせまる曲水や落水、灯篭などが美しく配置された庭園は、米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌の日本庭園ランキングで3位に選ばれました。樹齢400年以上の山桃やシイの古木、松などに施された雪吊りは、格式のある建物と見事に調和しています。

詳しくはこちら       武家屋敷跡 野村家 HP

⑤ 県立美術館

 県立美術館内に併設しているパティシエ辻口博啓氏のパティスリー&カフェ「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」では、雪吊りの縄をイメージした石川県定番のお土産菓子「YUKIZURI」を販売しています。
 加賀藩主前田家の「加賀花剣梅鉢紋」から石川県産の梅酒をはじめ、卵・米粉などの地元食材をふんだんに使用し、フランス伝統菓子のサクリスタンをヒントに焼き上げた創作菓子です。
 ほのかな梅の酸味と程よい甘みをもつ白いシュガーで、雪吊りに降り積もる雪を表現しております。通年販売している定番のYUKIZURIの他、旬の素材を味わう季節限定のYUKIZURIもお楽しみいただけます。

詳しくはこちら       ル ミュゼ ド アッシュ HP