加賀百万石回遊ルートは、街なかにありながら美しい緑があふれ、季節ごとに異なる表情を見せます。春はお花見スポットやイベントなどお楽しみがたくさん!桜が雅に咲き誇り城下町の風情あふれるお花見を楽しみましょう。

天気

 4月は陽気もよく、旅行のベストシーズン。夜桜見物やライトアップ観光などを予定している場合、夜はまだ気温が一桁の日もありますので、羽織るものを忘れずに。

〇桜
 2021年は3月23日に桜の開花宣言が発表されました。
 気象庁のさくら開花日(2011-2020年)を見ると、金沢の開花日は早い年(2020)で3月26日、遅い年で4月10日(2012)と結構幅がありますが、平年は4月4日に開花して、数日後から1週間程度見ごろが続きます。

桜の見どころ

① 兼六園

兼六園 花見橋の曲水

 日本三名園のひとつ兼六園は、ウメやツツジ、カキツバタなど四季折々に咲き誇る花を見て楽しめるスポットです。特に桜が一番人気で、桜の見ごろに合わせて入園料が無料になるとともに、開園時間が延長され夜のライトアップが行われます。日程は桜の開花宣言後に発表され、約1週間実施されます。 
 花見橋や桜ヶ岡などに咲き誇る一面の景色を楽しむもよし、花弁が300枚以上とも言われる兼六園菊桜や兼六園熊谷、旭桜などの名木や、その美しさから楊貴妃と名付けられた桜を一本一本じっくり見て楽しむもよし。
 ソメイヨシノをはじめ、コヒガン、エドヒガンなど約420本の桜が見事に咲き誇ります。多種多様なサクラが咲くため、比較的長い期間桜を楽しむことができます。

②金沢城公園

石川門

 兼六園に隣接する金沢城公園は、石垣沿いに咲く桜が見事です。ビュースポットは石川門、大手堀、白鳥路(はくちょうろ)、などで、約400本の桜が咲き誇ります。特に人気なのが菱櫓(ひしやぐら)を背景にした内堀沿いの桜並木です。内堀を埋めつくす花いかだも素晴らしく、園路が桜のトンネルになり、内堀には桜が反射して美しい光景を楽しめます。

③ 長町武家屋敷跡

 長町では、桜が多く咲くお花見スポットはありませんが、長町街園など所々に咲いている桜が土塀や用水に調和し、城下町の風情ある街並みに花を添えています。

イベント

① 金沢城・兼六園ライトアップ(観桜期)


 桜の開花に合わせて、兼六園・金沢城公園では期間限定のライトアップを行います。金沢随一の桜の名所として人気を集め、昼間とは一味違った夜桜を楽しめます。

開催日時:令和3年4月上旬(開花宣言後に決定)
兼六園開園時間:7:00から21:30まで
ライトアップ:日没から21:30まで
    

② まちなかめぐり さくら2021

 しいのき緑地、いしかわ四高記念公園、本多の森公園にて「さくら」をキーワードに、春の食材を味わえる「さくらカフェ」や、“コツブでピリリな作家&個人商店が一堂に集う”「乙女の金沢 春ららら市」をはじめ、石川県在住の作家、個人商店を中心に、地元で作られた作品や食品の販売を行うイベントです。芝生広場には石川うまれの工芸品や地元グルメなど、さまざまなショップ&催し物テントがずらり。桜とともに金沢らしさも満開のイベントです。

日時:令和3年4月3日(土)、4日(日)
時間:10:00~17:00

イベント公式HPはこちら

お団子

 お花見にはやはりお団子です。綺麗な桜を愛でながらお茶とお団子を楽しむ。これぞ日本のお花見ですね。兼六園や兼六園下(紺屋坂)には美味しいお団子を食べられる茶店が多数あります。そのほか、回遊ルートでは金箔アイスやホットドッグなど軽食のテイクアウトもできますので、花より団子でまち歩きを楽しめます。

兼六園の茶店では屋内からも金沢城の花見を楽しめます