冬の加賀百万石回遊ルートでは、この時期だけのグルメや見どころスポットなどをまわって、城下町の情緒あふれる冬景色を楽しみましょう。


     ー 目次 ー     

  1.天気   
  2.見どころ 
  3.グルメ  
  

天気

 冬の金沢と言えば雨や雪が多く、「寒いのでは?」と心配される方も多いようですが、12月、1月の最低気温は東京とほぼ同じで、それほど大きな違いは感じません。ただ大阪とくらべた場合、最低・最高気温とも2℃前後の違いがあり、少し寒く感じるかもしれません。冬の金沢ではよく雷が鳴り、大粒のアラレが降ってくると雪になります。降雪は例年12月下旬から2月頃までですが、積もっても数センチということがほとんどで、何十センチも積もるのは稀です。
 街の中心部の道路や歩道は地下水を出して雪を溶かす消雪装置があり、雪の上を歩くことは少ないですが、路面が濡れていますので、滑りにくく防水機能のある靴(スノーブーツなど)が最適です。

〇傘の無料貸し出し
 金沢市ではだれでも自由に使える「置き傘プロジェクト」を実施。金沢中央観光案内所や長町武家屋敷跡休憩館など約20か所で傘を無料で借りることができ、突然の雨でも安心です。使い終わった傘はいずれかのスポットに返却すればOKです。

〇長靴の無料貸し出し
 雪が降り積もっていた時でも心強いのが、金沢中央観光案内所で行っている長靴の無料貸し出し。どなたでもご利用できます。

見どころ

 ① 兼六園

 例年11月から12月中旬には、北陸の湿った雪の重みから木の枝を守るため、園内の約800本の樹木に冬の風物詩、雪吊りの作業が行われます。中でも約800本の縄を絡まることなく放射線状に張る唐崎松のりんご吊りが有名です。
 雪吊りは、最初に唐崎松から順番に作業を行い、春になって雪吊りを外すのは唐崎松が最後です

② 長町武家屋敷跡のこもかけ

 長町では、12月第1週の週末に土塀にわらで作ったこも(薦)が掛けられます。北陸の湿った雪が染み込み、凍って土塀にヒビが入ったり、積もった雪が落ちるときに土塀を傷つけたりしないようにするためのもの。雪が降ると、昔ながらの風情のまちなみが白く化粧され、いつもとは違う静謐な美しさが見られます。こもかけは3月中旬まで見ることができます。

③ 金沢城・兼六園ライトアップ

 例年2月の夜には金沢城公園と兼六園を期間限定でライトアップする「金沢城・兼六園四季物語 冬の段」を開催します。
金沢城公園では玉泉院丸庭園で夕焼けをテーマに気品ある灯りの演出をしているほか、国重要文化財の石川門や荘厳な姿が目を引く菱櫓・五十間長屋などが照らされます。兼六園では冬の風物詩である「雪吊り」と、降雪時には幽玄な「雪景色」を楽しめます。

開催日時:令和3年2月
     17時30分~20時45分まで(閉園は21時00分)

金沢城・兼六園四季物語(ライトアップ)
公式ホームページ



 それほど寒くない金沢ですが、雪が降る夜は外を長時間歩くのはつらいかも。
そんな時は、屋内から寒さを気にせず降りしきる雪を眺めることができる、とっておきの雪見スポットがおススメです。

〇石川県政記念しいのき迎賓館
 しいのき迎賓館は、大正時代に建てられた“旧県庁舎”を大胆にリニューアルした憩いの施設です。正面は大正建築の格調ある意匠を残し、金沢城公園側はガラス張りの空間となっています。2Fイベントホールや、3F階段裏のベンチは、大きなガラス越しに金沢城の石垣を眺められる絶好のスポットとなります。このほか兼六園周辺の総合案内やギャラリー、旧知事室を改装したフレンチレストランやカフェなどがあります。夜は22:00まで開館しています。

〇金沢城公園鶴の丸休憩館
金沢城公園内にあるカフェを併設した開放的な休憩館から、城郭のきれいな景色を堪能してくつろげます。

グルメ

① フードピア金沢2021

 最も食材が豊富な冬の食をテーマに、老舗、金澤町家といった、金沢ならではの地域資源を活かした多様なイベントが楽しめます。
金沢で創業100年以上の老舗料亭の経営者などを講師に迎え、加賀藩の伝統ある文化や老舗としての心意気を聞きながら食事を堪能できる「金沢老舗よもやま話」、金澤町家を散策し、風情あるまちなみの魅力に触れる「金澤町家”食”めぐり」など多彩なプログラムが用意されています。

期間:令和3年1月30日(土)~2月28日(日)
詳細は下記までお問い合わせください
フードピア金沢開催委員会事務局(金沢商工会議所内)
076-232-1000(平日9時~17時)

フードピア公式HPはこの画像から



② かぶら寿し

 塩漬けにしたカブに塩漬けしたブリを挟み発酵させた「かぶら寿し」は、江戸時代から続く正月料理として親しまれています。脂がのったブリとカブの妙味は、今やお酒のアテとしても愛されている冬のグルメです。香林坊大和・香林坊アトリオの地下ではお土産用も販売しています。

かぶら寿しの詳細はこちら
五感にごちそうかなざわ



石川テレビで紹介されました!



③ おでん

 金沢では人口あたりの店舗数が全国一ともされるほど、おでんが根付いています。金沢おでんの魅力はそれぞれですが、バイ貝や車麩、赤巻などの変わり種が高い人気を博しています。中でも、メスのズワイガニの「香箱ガニ」を使ったネタ「カニ面」は、金沢で味わう冬の味覚に欠かせない一品です。

バイ貝、車麩、赤巻など
カニ面